歯の外傷

小児科医から見た乳歯外傷

子どもたちの歯の外傷の10年間

斎藤小児歯科に通院した乳歯・永久歯の外傷の様子の変化について

  • 2007年6月1日 から 2008年5月31日

    150名

  • 2017年6月1日 から 2018年5月31日

    162名

2つの期間における外傷のアンケート・治療のケースをわかりやすいグラフ等で表示してあります。

  • 男女比

    男:62%
    女:38%

  • 外傷部位

    乳歯:68%
    永久歯:27%
    両方とも:1%
    歯肉 口唇 舌など:4%

  • 外傷した場所

    家:32%
    外出先:33%
    学校:17%
    幼稚園:9%
    保育所:8%
    無記入:1%

  • 室内外

    室内:56%
    屋外:42%
    無記入:2%

  • 外傷理由

    転倒:48%
    衝突:27%
    転落:11%
    相手と:6%
    その他:4%
    無記入:4%

  • 主症状

    出血:26%
    動揺:26%
    歯牙破折:20%
    痛み:10%
    乳歯脱落:6%
    陥入:1%
    変色:0%
    特になし:10%
    無記入:1%

  • 来院までに行ったこと

    洗口:24%
    止血:18%
    冷やす:11%
    歯牙持参:4%
    何もしない:4%
    無記入:1%

  • 当院選択の理由

    かかりつけ:77%
    調べて:10%
    紹介:4%
    近く:2%
    評判:1%
    無記入:6%

  • 受診者の年齢:1

    0歳:5人
    1歳:12人
    2歳:20人
    3歳:15人
    4歳:27人
    5歳:21人
    6歳:15人

    7歳:14人
    8歳:11人
    9歳:8人
    10歳:6人
    11歳:4人
    12歳:4人

  • 受診者の年齢:2

    0~5歳:62%
    6~12歳:38%
    13歳以上:0%

  • 受診曜日

    月曜日:31人
    火曜日:24人
    水曜日:37人
    木曜日:6人
    金曜日:38人
    土曜日:26人
    日曜日:0人

  • 受傷曜日

    月曜日:15人
    火曜日:20人
    水曜日:28人
    木曜日:18人
    金曜日:35人
    土曜日:16人
    日曜日:15人
    不明:15人

  • 受傷時間:1

    7時台:2人
    8時台:3人
    9時台:6人
    10時台:9人
    11時台:11人
    12時台:9人
    13時台:13人
    14時台:9人

    15時台:17人
    16時台:16人
    17時台:10人
    18時台:4人
    19時台:5人
    20時台:11人
    21時以降:6人
    不明:31人

  • 受傷時間:2

    午前:24%
    午後:76%

  • 受傷から受診までの時間

    当日:65%
    2日:18%
    3日:7%
    4~7日:7%
    7~30日:2%

  • 当日 受診までの時間

    ~6時間:70%
    7~12時間:3%
    13~18時間:15%
    19~24時間:12%

もし歯の外傷・口腔内外の外傷時は、まず専門医を受診することをお勧めします。

10年前との比較

10年前と今回のアンケート等の比較をしますと特に変化したことは、受傷から当院受診までの時間が短くなっている点です。

保育園・幼稚園・小学校の先生方が受傷後すみやかに電話予約をされ受診しているのが特徴です。

受診の時も先生方がお子様を連れて来られ、ほぼ処置が終了した後にお子様の保護者が来院され治療の内容等をその後説明しているケースが多くみられます。

できるだけ保育園・幼稚園・小学校にかかりつけ歯科医を明確にすることが重要と考えられます。 

かかりつけ歯科医はお子様の平常時の状態、アレルギーの有無も判断できますので、素早い対応が可能です。また、健診等では歯並びも外傷により大きな変化が起きないよう対応します。

平常時のコミュニケーションも大切ですので、できるだけ普段からの健診をお勧めします。

外傷の症例 10歳 女性
  • 受傷以前の正常な永久歯の前歯です。

  • 受傷30分後に当院受診
    右上の永久歯が欠けてきた写真です。

  • 当日のレントゲンです。

  • 神経治療のスタートのレントゲンです。

  • 神経治療が終わった後のレントゲンです。

  • 色合わせしてできるだけ自然に見えるようにします。

  • レジンにて前歯を作製しました。

今後ですが顎の発育等を考えて、将来は前歯を自費の白い歯にする予定です。

外傷の症例 2歳 男性 乳歯の外傷
  • 左上の乳歯の前歯が外傷によって折れている写真です。

  • 前歯のレントゲン写真です。
    永久歯ができかけているのがわかります。

  • 神経の治療を行い薬が入っているレントゲンです。

  • 受傷した前歯を白い歯に治した写真です。

今後永久歯が正常に萌出してくるか見張ってゆきます。ほとんどのケースは問題なく乳歯から永久歯に生え変わります。

歯の外傷について -当院からのお願い-

急患として当院ではすみやかに対応します。乳歯の外傷は1~3歳児の受傷が多く、当院は低年齢にも対応しています。

まず、お願いがあります。いつどこで、どのように受傷したか、わかる範囲でお話下さい。永久歯はできるだけすぐに受診してください。

歯が取れた時は、ミルク・ポカリスエット、どうしてもなければ水にひたしてください。口に含んできてもOKですが、絶対に拭いたりして乾かさないでください。

また部分的に破折しても破折部分を持参してください。場合によっては元に戻したり歯の形を作るのに役立ちます。

斎藤小児歯科へのお問い合わせはこちら