歯の着色

おこさまの歯の色について

こどもの歯の着色・変色

こどもの歯の着色、変色の原因はいろいろあります。
それぞれの色についてお話しします。

白色
  • 白く歯が濁っている場合は初期のむし歯の可能性があります。

  • 歯の一部に生まれつき斑点がある場合は、エナメル質の形成不全が考えられます。

1のケースです。上の永久歯の前歯の歯茎近くが白くなっています。斎藤小児歯科では適切なアドバイス治療でむし歯にならないよう対応しています。

2のケースです。下の永久歯の前歯 歯の半分ぐらいのスポットがあります。

黄色
  • 歯垢がついて黄色くなっている場合が多いです。

  • 永久歯は乳歯と比べて黄色いので変色しているように見える場合があります。

茶色
  • 茶渋や食べ物の色素による着色が多いです。

全体に色素が着いています。斎藤小児歯科では出来るだけ来院時に除去していますがなかなかきれいにするのは難しいです。除去してもすぐにまた着色してきます。

褐色
  • 神経が死んでいる歯の場合、まれに褐色や灰色になる場合があります

  • 白いつめものの変色はプラスチックの経年変化によるものです。

  • 薬を長期にわたり飲んでいたためにおこるものもあります。

乳歯の外傷によって神経が死んでいます。半年ぐらい経過をみていると生き返ることがあります!

外傷により永久歯が折れたためプラスチックで応急処置をしたところです。

下の乳歯が全体に黄色になっています。長期にわたり薬の服用があったためと考えられます。

黒色
  • 硫化第一鉄が原因の着色のことがあります。

  • サホライド(むし歯の進行止めの薬)によるものがあります。

よくあるケースです。心配はいりません。斎藤小児歯科では来院時にきれいにしています。

乳歯の前歯の角と真ん中が黒いです。小さいむし歯ですので削らないであまり目立たないようサホライドという薬を塗っています。

変色については、自己判断が難しいので、まず歯科医院で相談して下さい。
歯のクリーニングでとれる場合もあります。
斎藤小児歯科では乳歯の前歯を白い歯にする治療も行っております。
ご相談ください。

斎藤小児歯科へのお問い合わせはこちら
Copyright (c) 斎藤小児歯科 All Rights Reserved.